top of page
  • KOTOMI先生

その不調は本当にエネルギー不足なのか



ごきげんよう。KOTOMIです



いきなり、すみませんが、

桜が咲き始めた頃の雰囲気で話進めますね。

(時差)(下書きに眠っていた)




もう散ったね・・
もう散ったね・・














季節の変わり目になると

天気がぐずついたり、気温が寒い→暑い→また寒い


ってなったりして

カラダにも色々な変化をもたらしますよね。



私はヨガをすることで

カゼ引かない、生理に影響を受けない、

どんな変化にもフラットで過ごせるようなコンディションを

自分自身で作れると思っています(実際にそうです)


免疫力とかね。上がりますしね。


ただし

どんな状況にもブレない体を作るには

同じことを繰返すなど、色々な条件が必要になってきますから

完全に一致させることは非常に難しい。


ですが、


近づけることはできますよね。

それは一ミリでも良いんです。


どれだけ近づけたか、ではなく、近づけた事実が

まずは大切なんだと思います。



イチローさんは

毎日同じ食事を同じ量だけ摂取して、毎日、毎日

体重も100グラム単位で変化させないって知っていますか?


すごいですよね。


野球に集中するために日々のコンディンションを

均一にするためだそうです。





ちょっとだけ話が脱線してしましましたが、


「なんか調子が悪い」

これ、東洋医学的に未病と言います(病気未満だから。)


発病には至らないものの健康な状態から離れつつある状態


です。




季節の変わり目にこの「未病」を感じやすい人が多いと思います。


体調が悪いと感じると、ついつい

療養や栄養補給する、体を休ませる方向に考えがちなのですが、



それは本当にエネルギーが不足しているのでしょうか?



運動不足、過剰に摂取した栄養、休みすぎ、

体のエネルギーが放出することができず

過充電の状態なのかもしれません


(検診などでも特に異常が無いことは前提ですよ)

何もしていないのに

疲労感を感じているなら、体を動す必要があります。




筋トレでもジョギングでも何でも良い。

しかし普段、運動不足であるのにいきなりパワフルな運動できますか?


意味もなく足を痛めてしまったりして、明日は無理だ・・


明後日・・


来週やろう・・


今月は天気が・・


なんて

きっと継続することは難しいでしょう。






だからこそ

ヨガはいいんです。



畳一畳ほどのマットで完結するし(奥は深いですけどね)


道具も天気も関係ありません。


まさに身ひとつ、ですよね。





その不調は本当にエネルギー不足なのか。


ぜひ

ワケもなく疲労感を感じたのならば

ご自身に問いかけてみて下さい

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page